初鶏(はつどり) 新年

【子季語】
初鳥
【解説】
元旦の夜明けに鳴く鶏をいう。いつも聴く鶏の声も元旦に聞くとあらたまった気分になるものである。鶏の鳴声は閧をつくるともいわれ、人の心を鼓舞させる。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

*

初鶏のあしたあしたや無尽蔵
舎羅 「千鳥掛」

初鶏や叉市に住む甲斐ひとつ
蓼太 「蓼太句集初編」

はつ鶏や日の梁のあなたより
蓼太 「蓼太句集三編」

初鶏に神代の臼と申すべし
一茶 「享和句帖」

初とりやすみかへ帰る狐なく  
梅室 「梅室家集」

くたかけや年のあしたの郭公
黄花 「題葉集」

初鶏や二声めには起きて聞く
退二 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。