初雀(はつすずめ) 新年

【解説】
元日の雀。年改まった元日は見慣れたものが清清しく、めでたく感ぜられる。普段は見過ごしている身近な雀にも淑気がただよう。
【来歴】
『季寄新題集』(嘉永元年、1848年)に所出。

*

随意随意や竹の都のはつ雀
路通 「一の木戸」

青籬の霜ほろほろと初雀
松本たかし 「石魂」

初雀すでにまぎるゝ瀬音かな
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。