楪(ゆずりは、ゆづりは) 新年

【子季語】
交譲葉、杠、弓弦葉、親子草
【解説】
松や竹と同様、ゆずりはの葉は正月飾りに用いられる。葉柄の赤い新しい葉が生えたあとに古い葉が落ちることから「譲り葉」ともいわれる。これにちなみ、恙無く代を譲ることができる祝木として、新年の飾りになくてはならないもの。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
何と思へか阿自久麻山のゆづる葉の含まる時に風吹かすかも 作者不詳『万葉集』
【科学的見解】
楪(ユズリハ)は、トウダイグサ科ユズリハ属の常緑高木。北海道、東北北部をのぞく日本各地の山地に自生するほか、庭木などとして植えられる。まばらに枝別れしてして高さは四メートルから十メートルくらい、葉は枝先に輪生状に集まって互生し、長さ十五センチくらいの長楕円形、表面は深緑色で裏はそれより白っぽい。葉柄は紅色を帯びることが多い。五月ころ前年枝の葉腋から総状花序を出し、花弁も萼片もない小さな花をつける。果実は核果で、長さ一センチくらい、十月ころ黒く熟す。若葉がでてから古葉がおちるので、成長した子にあとを譲る、というたとえにされ、めでたい木とされる。似た種としては、変種のエゾユズリハと葉が小さいヒメユズリハが存在する。(藤吉正明記)
*

ゆづり葉や齢の枝折けさの山
東水 「東日記」

楪や縄結ぶ代のむかし草
似船 「反古集」

蓬莱に祝ふやけさの親子草
一陶 「玉かつら」

ゆづり葉や歯朶や都は山くさし
正岡子規 「子規全集」

ゆづり葉を流す家ありをしの沓
松瀬青々 「妻木」 

コメントは受け付けていません。