穂俵(ほだわら) 新年

【子季語】
ほんだわら、たわら藻、
【関連季語】
なのりそ
【解説】
穂俵は、新年の飾り物の一つ。葉に気胞があって米俵に似ていることから縁起がよいとされる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【科学的見解】
穂俵(ホンダワラ)は、神馬藻、なのりそともよばれホンダワラ科ホンダワラ属の褐色の海藻。太平洋沿岸、日本海新潟県以南の海岸で岩に付着して生育するが、夏になると流れ藻になる。太さ三ミリ、長さは一メートルほどになり、歯に気胞をもつ。若い芽を摘み取って、味噌汁や酢の物にする。(藤吉正明記)

*

蓬莱の島や築出すほんだはら 
貞室 「桜川」

八千年もつめをひはらのほんだはら
季吟 「桜川」

ほだはらや浜松が枝の手向草 
沾徳 「五子稿」

たはら藻や龍宮ならば掃捨ん
麦水 「麦水発句集」

ほんだはら荒磯の匂ひなつかしき
高橋淡路女 「梶の葉」

コメントは受け付けていません。