立春(りっしゅん) 初春

【子季語】
春立つ、春来る、立春大吉、春さる
【解説】
二十四節気の最初の節気で、二月四日ころ。節分の翌日になる。厳しい寒さはまだ続くが、温かくなるにつれて梅の花もほころぶころ。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【実証的見解】
初春の項参照

*

春立ちてまだ九日の野山かな
芭蕉 「笈の小文」

音なしに春こそ来たれ梅一つ
召波 「明和辛卯春」

春立つや愚の上に又愚にかへる 
一茶 「九番日記」

立春の雪白無垢の藁家かな 
川端茅舎 「華厳」

立春の雪のふかさよ手鞠唄 
石橋秀野 「桜濃く」

小諸より見る浅間これ春立ちぬ
星野立子「笹目」

立春大吉雪国に雪ふりしきり
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。