余寒(よかん) 初春

【子季語】
残る寒さ
【関連季語】
冴返る
【解説】
寒が明けてからもなお残る寒さ。春の兆しはそれとなくあるものの、まだまだ寒さは続く。立秋以後の暑さを「残暑」というが、それに対応する季語である。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

*

情なう蛤乾く余寒かな
太祗 「太祗句選」

関能の戸の火鉢小さき余寒かな
蕪村 「夜半叟句集」

水に落ちし椿の氷る余寒かな
几菫 「井華集」

ものの葉のまだものめかぬ余寒かな
千代女 「松の声」

暗がりの鰈に余寒の光かな
嘯山 「葎亭句集」

踏みわたる余寒の苔の深みどり
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。