春暁(しゅんぎょう、しゆんげう) 三春

【子季語】 春の曙、春の夜明、春の暁、春の朝明、春曙

【解説】 春の夜明けである。正確には暁は日の出前の未明をいい、夜の明ける気配はあるものの、あたりはまだ薄暗い。同じ夜明けでも曙は暁よりも遅く、日の出前をいう。

【来歴】 『俳諧二見貝』(安永97年、1780年)に所出。

【文学での言及】 春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは 少しあかりて紫だちたる雲の細くたなびきたる。清少納言『枕草子』

*

春の曙その七もとや秘蔵蔵
支考 「蓮二吟集」

春暁や大いなる鮫獲れしとふ
原石鼎 「花影」

ふるさとの春暁にある厠かな
中村草田男 「長子」
 
長き長き春暁の貨車なつかしき
加藤楸邨「寒雷」

春暁や人こそ知らね木々の雨
日野草城 「花氷」

春暁の衣垂れたる衣桁かな
日野草城 「花氷」

春暁や筧二つの同じ音
増田龍雨 「龍雨句集」

赤子泣く春あかつきを呼ぶごとく
森澄雄 「天日」

春暁の竹筒にある筆二本
飯田龍太「忘音」

春暁や大雪山を浮べたる
長谷川櫂 「初雁」

春あけぼの引越の荷に囲まれて
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。