春昼(しゅんちゅう、しゆんちう) 三春

【子季語】
春の昼
【解説】
春の真昼をいう。明るく暖かく閑かなものである。

*

春昼や城のあとにしてさへのかみ
泉鏡花 「鏡化全集」

春昼や法廷に泣く人の声
原石鼎 「花影」

妻抱かな春昼の砂利踏みて帰る
中村草田男 「火の島」

白虹の現れ消えぬ春の昼
松本たかし 「石塊」

春昼の松籟遠くきこえけり
日野草城 「花氷」

春昼の真砂を濡らす潮かな
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。