春の暮(はるのくれ) 三春

【子季語】
春暮
【関連季語】
暮の春
【解説】
春の季節の終わりという意味と、春の一日の夕暮れどきというふた通りの意味がある。古くは前者の意味で使われることが多かったが、今日では春の夕暮で使われることが多い。
【来歴】
『改正月令博物筌』(文化5年、1808年)に所出。

*

入逢の鐘も聞こえず春の暮
芭蕉 「曾良書簡」

鐘つかぬ里は何をか春の暮
芭蕉 「曾良書留」

にほひ有きぬもたたまず春の暮
蕪村 「蕪村句集」

春の暮暗渠に水のひかり入る
加藤楸邨「山脈」

妻亡くて道に出てをり春の暮
森澄雄 「白小」

 

コメントは受け付けていません。