麗か(うららか) 三春

【子季語】
うらら、うららけし、うららに、うらうら、麗日
【解説】
春の日がうるわしくなごやかに照って、よろずの物が輝くさまをいう。
【来歴】
『改正月令博物筌』(文化5年、1808年)に所出。
【文学での言及】
うらうらに照れる春日に雲雀あがり心かなしもひとりし思へば 大伴家持『万葉集』

*

かほるより雪気はげしく朝うらら
鬼貫 「柏崎」

うらゝかや女つれだつ嵯峨御堂
正岡子規 「子規句集」

麗かや大荷をおろす附木売
前田普羅 「定本普羅句集」

麗かや松を離るる鳶の笛
川端茅舎 「川端茅舎」

三椏のはなやぎ咲けるうらゝかな
芝不器男 「芝不器男」

玉と呼び絹と称ふ島波うらら
松本たかし 「石魂」

コメントは受け付けていません。