長閑(のどか) 三春

【子季語】
のどけし、のどやか、のどかさ、のんどり、駘蕩
【解説】
春の日ののんびりとしたさまをいう。日も長くなり、時間もゆるやかに過ぎるように感じる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ 紀友則『古今集』

*

銭なくてたもとふたつも長閑なり 
一瓢 「玉山人家集」

長閑さや浅間のけぶり昼の月
一茶 「八番日記」

のどかさや障子あくれば野が見ゆる 
正岡子規 「春夏秋冬」

長閑さや山焼く煙山を這ひ
松本たかし 「石魂」

長閑なるものに張子の犬のかほ
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。