日永(ひなが) 三春

【子季語】
永日、永き日、日永し
【関連季語】
遅日
【解説】
春になり、昼の時間が伸びて来ることをいう。実際は夏のほうが春より日が長いが、心理的には冬に比べて、春は日が長く感じられる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

永き日を囀たらぬ雲雀かな
芭蕉 「笈日記」

うら門のひとりでにあく日永かな
一茶 「旅日記」

永き日や目のつかれたる海の上
太祇 「独喰」

乞食も蝶も日長し下河原
梅室 「梅室家集」

永き日やとり散したる絵具皿
孚聲 「文車」

永き日のにはとり柵を越えにけり
芝不器男 「芝不器男句集」

コメントは受け付けていません。