遅日(ちじつ) 三春

三春
【子季語】
遅き日、暮遅し、暮れかぬる、夕長し、春日遅々
【関連季語】
日永
【解説】
春の日の暮れが遅いこと。実際には夏至が一番日暮れが遅いが、冬の日暮れが早いので、春の暮れの遅さがひとしお印象深く感じられる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

遅き日のつもりて遠き昔かな
蕪村 「蕪村句集」

遅き日や谺聞こゆる京の隅
蕪村 「夜半叟句集」

遅日を追分ゆくや馬と駕
召波 「春泥発句集」

軒の雨ぽちりぽちりと暮遅き
一茶 「文化句帳」

三度炊きて遅日まだある大寺哉
前田普羅 「普羅句集」

冷やかに牡丹蕾み居る遅日かな
渡辺水巴 「水巴句集」

うしろより馬ついてくる遅日かな
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。