行く春(ゆくはる) 晩春

【子季語】
春の名残、春のかたみ、春の行方、春の別れ、春の限り、春の果、春の湊、春の泊、春ぞ隔てる、春行く、春尽く、春尽、徂春、春を送る
【関連季語】
春惜しむ、春の暮
【解説】
まさに過ぎ去ろうとする春をいう。ことに春は厳しい寒さの中で待ち望んだ季節だけに送るのは惜しい。「春惜しむ」というと、さらに愛惜の念が強くなる。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。
【文学での言及】
花もみな散りぬる宿は行く春のふるさととこそなりぬべらなれ 紀貫之『拾遺集』

*

行はるや鳥啼うをの目は泪
芭蕉 「奥の細道」

行春を近江の人とをしみける
芭蕉 「猿蓑」

行春にわかの浦にて追付きたり
芭蕉 「笈の小文」

とゝ川の春やくれ行葭の中
丈草 「丈草発句集」

ゆく春やおもたき琵琶の抱ごゝろ
蕪村 「五車反古」

ゆく春や鄙の空なるいかのぼり
白雄 「白雄句集」

行春やうしろ向けても京人形
渡辺水巴 「白日」

行春の庭に熊手と草帚
星野立子「句日記Ⅱ」

行く春や心の中の蓑一つ
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。