春の空(はるのそら) 三春

【子季語】
春空、春天
【解説】
春の青空。春は大気が水分を多く含み、ほんのりと霞んでいることもある。
【来歴】
『改正月令博物筌』(文化5年、1808年)に所出。

*

松島の鶴になりたやはるの空
乙二 「をのゝえ草稿」

盗みする鳶も舞けり春の空
蘭更 「三傑」

春天に鳩をあげたる伽藍かな
川端茅舎 「川端茅舎句集」

コメントは受け付けていません。