春の雲(はるのくも) 三春

【子季語】
春雲
【解説】
春の空に浮かぶ雲をいう。春の初めはあわあわとした雲。春が深まるにつれて、青空にぽっかりと浮ぶ雲も見られるようになる。
【来歴】
『改正月令博物筌』(文化5年、1808年)に所出。

*

鳥声を呑んで地にあり春の雲
暁台 「暁台句集」

春の雲横山しるし浪の上
宋長 「宋長手記」

曇りはてず又夕ばえぬ春の雲
正岡子規 「寒山落水」

春の雲ながめてをればうごきけり
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。