春の月(はるのつき) 三春

【子季語】
春月、春満月、春月夜
【関連季語】
月、朧月
【解説】
空気中の水分が増す春は、月も潤んだ感じがする。「秋の月はさやけきを賞で、春の月は朧なるを賞づ」と昔から言われる。月といえば秋の月をさすので、春の一字を加えて春季とする。
【来歴】
『山の井』(正保5年、1648年)に所出。

*

清水の上から出たり春の月
許六 「正風彦根蓁躰」

春月や印金堂の木の間より
蕪村 「蕪村句集」

浅川や鍋すゝぐ手に春の月
一茶 「文化句帖」

肥うつて棚田しづかや春の月
前田普羅 「飛騨紬」

春の月ふけしともなくかゞやけり
日野草城 「花氷」

紺絣春月重く出でしかな
飯田龍太「百戸の谿」

春の月大輪にして一重なる
長谷川櫂 「古志」

あたらしき畝光けり春の月
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。