朧月(おぼろづき) 三春

oboroduki【子季語】
月朧、淡月
【関連季語】
朧、春の月
【解説】
春の夜の朧な月をいう。澄んだ秋の月に対し、春の月は水蒸気のベールがかかったように見える。暈のかかることもある。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

猫の恋やむとき閨の朧月
芭蕉 「泊船」

花の顔に晴れうてしてや朧月
芭蕉 「続山の井」

朧月一足づつもわかれかな
去来 「炭俵」

手をはなつ中に落ちけり朧月
去来 「泊船集」

大原や蝶の出て舞ふ朧月
丈草 「炭俵」

川下に網うつ音や朧月
太祇 「太祇句集」

草臥て物乞ふ宿やおぼろ月
蕪村 「新五子稿」

手枕に身を愛す也おぼろ月
蕪村 「新五子稿」

瀟湘の雁のなみだやおぼろ月
蕪村 「蕪村句集」

女倶して内裏拜まんおぼろ月
蕪村 「蕪村句集」

藥盜む女やは有おぼろ月
蕪村 「蕪村句集」

よき人を宿す小家や朧月
蕪村 「蕪村句集」

さしぬきを足でぬぐ夜や朧月
蕪村 「蕪村句集」

朧月露国遠しと思ふとき
飯田龍太「山の影」

コメントは受け付けていません。