貝寄風(かいよせ、かひよせ) 仲春

【子季語】
貝寄
【解説】
大阪四天王寺の聖霊会(旧暦二月二十二日)のころに吹く季節風をいう。四天王寺の聖霊会では、供華の筒花を住吉の浜に吹き寄せられた貝殻で作る。このことから、このころに吹く西風を貝寄風という。長くは続かないが、かなりの強い風である。
【来歴】
『俳諧鑑草』(寛延2年、1749年)に所出。

*

貝よせや散り敷くばかり桜貝
車庸 「類題発句集」

貝寄せや阿部野の梅の花も散る
紅秋 「新類題発句集」

貝よせの風は柳に通ひけり
垣丸 「発句題叢」

貝寄る風の手じなや若の浦
芭蕉 「もとの水」

貝寄風(かひよせ)に乗りて帰郷の船迅し
中村草田男 「長子」

コメントは受け付けていません。