春塵(しゅんじん) 三春

【子季語】
春の塵、春埃、黄塵、砂あらし
【関連季語】

【解説】
春風に舞い立つ塵をいう。雪や霜が解けたころ、早春の大地は一転して乾燥する。そこに強い風が吹くと塵や埃が舞い立つ。視界をさえぎるほど舞い上がることもある。

*

春の塵からくれなゐのまじりけり
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。