淡雪(あわゆき、あはゆき) 三春

【子季語】
沫雪、泡雪、綿雪、かたびら雪、たびら雪、だんびら雪
【関連季語】
春の雪、雪の果
【解説】
春に降っては、たちまち消える雪のこと。地面におちたらすぐとけてしまう軽い雪片。

*

淡雪や一つかみづつ春の草
鼠弾 「類題発句集」

沫雪にぬれぬれ来るや遠使
茂雄  「栗柿集」

淡雪に月も二日のあはれなり 
内藤鳴雪 「鳴雪句集」

淡雪や氷あとなき湖の上
河東碧梧桐 「新傾向句集」

淡雪のつもる白さや夕まぐれ
原石鼎 「花影」

淡雪や昼を灯して鏡店?
日野草城 「花氷」

綿雪やしづかに時間舞ひはじむ
森澄雄  「花眼」

降りきつてまたひとひらや牡丹雪???
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。