雪の果(ゆきのはて) 仲春

【子季語】
名残の雪、雪の別れ、忘れ雪、雪の名残、雪の終、雪涅槃、涅槃雪
【関連季語】
春の雪、淡雪
【解説】
春を迎えて、その年の雪の降り納めのこと。旧暦二月十五日頃に降ることが多いことから「涅槃雪」ともいう。春の季語である。

*

ゆきつくす江南の春の光りかな    
貞徳 「山の井」

踏みきやす雪も名残や野辺の供
去来 「芭蕉庵小文庫」

見よとてや生まれ来し身の雪の果 
嘯山 「葎亭句集」

コメントは受け付けていません。