忘れ霜(わすれじも) 晩春

【子季語】
別れ霜、霜の名残、晩霜、終霜、名残の霜、霜の別れ、霜の果、霜害
【関連季語】
春の霜、霜
【解説】
春、遅くなってから降りる霜のこと。古来「八十八夜の別れ霜」といって、立春から数えて八十八夜(五月二日頃)ごろに最後の霜が降りると、農家に恐れられた。野菜や桑や茶などに害をもたらす霜である。
【来歴】
『俳諧通俗誌』(享保2年、1716年)に所出。

*

花過てよし野出る日や別れ霜 
几董 「井華集」

鴈小屋のあらはになりぬ別霜 
白雄 「白雄句集」

笘あけて見るや夜船の別霜
吟江 「推敲日記」

狭むしろは宵のままなりわかれ霜
茂林 「骨書」

蝶あした地を這ふ霜の別れかな
箕明 「春秋稿」

鶯も元気を直せ忘れ霜
一茶 「七番日記」

別れ霜庭はく男老にけり
正岡子規 「寒山落木」

コメントは受け付けていません。