春の雷(はるのらい) 三春

【子季語】
春雷
【関連季語】
初雷
【解説】
春に鳴る雷をいう。特に立春を過ぎてから初めてなる雷を初雷という。春の雷には積乱雲の起こす夏の雷の烈しさはない。

*

春雷や牡丹の蕾まつ蒼に
川端茅舎 「川端茅舎句集」

春雷の大轟のたゞ一度
星野立子「句日記Ⅱ」

春の雷鯉は苔被て老いにけり
芝不器男 「芝不器男句集」

春雷にお能始まる御殿かな
村上鬼城  「鬼城句集」

山を出て山にかへしぬ春の雷
菅原師竹 「菅原師竹句集」

春の雷ひびく赤子の六腑かな
飯田龍太「山の木」

あえかなる薔薇撰りをれば春の雷
石田波郷 「鶴の眼」

春雷や芽を解きいそぐななかまど
石田波郷「酒中花」

コメントは受け付けていません。