霞(かすみ) 三春

【子季語】
朝霞、昼霞、夕霞、春霞、草霞、霞の海、霞の衣、霞棚引く
【関連季語】

【解説】
春の山野に立ち込める水蒸気。万物の姿がほのぼのと薄れてのどかな春の景色となる。同じ現象を夜は「朧」とよぶ。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【実証的見解】
気象学では視程距離が一キロ以下のものを霧といい、その淡いものを霞とするが、霞は気
象用語としては使われない。

*

春なれや名もなき山の薄霞?
芭蕉 「野ざらし紀行」

大比叡やしの字を引て一霞
芭蕉 「江戸広小路」

はなを出て松へしみこむ霞かな
嵐雪 「玄峰集」

橋桁や日はさしながら夕霞?
北枝 「卯辰集」

狂ひても霞をいでぬ野駒かな?
沾徳 「合歓の花道」

高麗船のよらで過行霞かな?
蕪村 「蕪村句集」

草霞み水に声なき日ぐれ哉?
蕪村 「蕪村句集」

山寺や撞そこなひの鐘霞む
蕪村 「題苑集」

指南車を胡地に引去ル霞哉
蕪村 「蕪村句集」

荒あらし霞の中の山の襞?
芥川龍之介 「澄江堂句集」

夕霞片瀬江の島灯り合ひ
松本たかし 「鷹」

白浪を一度かゝげぬ海霞?
芝不器男 「芝不器男句集」

雛を掌に乗せて霞の中をゆく
飯田龍太「山の木」

なきがらを霞の底に埋めけり
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。