水温む(みずぬるむ、みづぬるむ) 仲春

【子季語】
温む水、温む沼、温む池、温む川
【関連季語】
春の水
【解説】
春になって、水の温かさを増してくること。それに伴って芽ぐんだ水草は成長し、水に棲む生きものは活発に動き始める。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

汲みて知るぬるみに昔なつかしや
一茶 「西国紀行」

水ぬるむ頃や女のわたし守
蕪村 「遺草」

養へる手負ひの雁や水温む
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。