流氷(りゅうひょう、りうひよう) 仲春

【子季語】
氷流る、流氷期、流氷盤、海明
【解説】
北の果てで氷結した海水が溶けだし、割れて海面を漂流する。この氷塊を流氷という。日本では一月下旬頃から三月下旬にオホーツク海沿岸にみられ、四月初旬には沖に退いてゆく。一夜にして去ることも。流氷が退き始めて船が行き交える日を海明けと呼ぶ。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

草ともに氷流るる野川かな
蝶夢 「草根発句集」

寝台もまた流氷のたぐひにて
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。