春炬燵(はるごたつ) 三春

【子季語】
春の炬燵
【関連季語】
炬燵、炬燵塞ぐ
【解説】
立春をすぎてもそのまま置いてある炬燵。立春後も寒さが続くので、名残り惜しくなかなかしまうことができない。

*

物おもふ人のみ春の炬燵かな 
大魯 「蘆陰句選」

誰をかも待つ身の如し春炬燵 
松本たかし 「鷹」

妻につく眠りの神や春炬燵
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。