山焼く(やまやく) 初春

【子季語】
山火
【解説】
村里に近い野山を焼くこと。牛馬の飼料の草や山菜類の発育を促し、害虫も駆除できる。山火は山焼きの火。

*

山焼くや夜はうつくしきしなの川
一茶 「七番日記」

野とともに焼る地蔵のしきみかな
蕪村 「蕪村句集」

山焼きやほのかにたてる一ツ鹿
白雄? 「白雄句集」

山焼く火左に見えて路曲る
正岡子規 「子規全集」

雨ふるやうすうす焼くる山のなり
芥川龍之介 「澄江堂句集」

山火燃ゆ乾坤の闇ゆるぎなく
竹下しづの女 「はやて」

赤光をつらねてくらし遠山火
竹下しづの女 「はやて」

コメントは受け付けていません。