耕(たがやし) 三春

【子季語】
春耕、耕人、耕馬、耕牛、馬耕
【関連季語】
田打、畑打
【解説】
春の一番はじめの農作業。種を蒔いたり苗を植えたりする前に田畑を鋤き返すこと。昔は牛、馬をよく使ったが、近年はトラクターなど機械化されている。北国は雪解けを待ってする作業のため、春の感がひとしおである。
【来歴】
『俳諧通俗誌』(享保2年、1716年)に所出。

*

ふり上る鍬の光や春の野ら 
杉風 「杉風句集」

耕や鳥さへ啼かぬ山かげに
蕪村 「続明烏」

耕や五石の粟(ぞく)のあるじ皃(がほ)
蕪村 「蕪村句集」

耕すやむかし右京の土の艶 
太祗 「太祗句選」

耕に馬持る身のうれしさよ 
召波 「春泥発句集」

耕すや世をすて人の軒端迄
大魯 「仏の座」

耕して神と佛につかへけり
思桂 「ホトトギス」

墓地買うて猶葬らず耕しぬ?
中塚一碧楼  「はかぐら」

コメントは受け付けていません。