田打(たうち) 晩春

【子季語】
春田打、田を打つ、田を返す、田返し、田を鋤く
【関連季語】
耕、畑打
【解説】
春田の土を田植えの用意に鋤き返すこと。今は機械で行っているが、昔は牛馬が犂で起こした土を人が鍬で細かく鋤き返した。いよいその年の農事が始まる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

かへす田やよそにも牛を呵る声
嘯山 「 葎亭句集」

田を打つて弥々空の浅黄かな
一茶 「七番日記」

生きかはり死にかはりして打つ田かな
村上鬼城 「定本鬼城句集」

谷底に田打てる見えて一人なり
臼田亜浪 「白道」

汽車見えてやがて失せたる田打かな
芝不器男 「定本芝不器男句集」

水流れきて流れゆく田打かな
芝不器男 「定本芝不器男句集」

墓二三桜と光る深田打ち
加藤楸邨「まぼろしの鹿」

コメントは受け付けていません。