茶摘(ちゃつみ) 晩春

【子季語】
一番茶、二番茶、茶摘時、茶摘女、茶摘唄、茶摘籠、茶山、茶摘笠
【解説】
茶の新芽を摘むこと。四月上旬から始まるが、八十八夜以後が最盛期になる。摘み始めてから最初の十五日間が一番茶、葉がやわらかく最も良質とされる。日を置いて、二番茶、三番茶、四番茶が摘まれるが、「茶摘」は、一番摘みの始まる晩春の季語とされる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

*

摘みけんや茶を凩の秋ともしらで
芭蕉 「東日記」

一とせの茶も摘にけり父と母
蕪村 「東日記」

百姓も麦に取りつく茶摘歌
去来 「猿蓑」

山門を出れば日本ぞ茶摘唄 
菊舎 「手折菊」

菅笠を着て覗き見る茶摘かな 
支考 「東華集」 

ねもごろに一ト本の茶を摘みにけり
村上鬼城 「鬼城句集」

富士を背に富士を真向きに茶を摘めり
星野立子「句日記Ⅰ」

コメントは受け付けていません。