潮干狩(しおひがり、しほひがり) 晩春

【子季語】
汐干、潮干貝、潮干籠、潮干船
【解説】
潮が引いた砂浜でアサリ、ハマグリなどの貝をとること。旧暦の三月三日ころの大潮は、潮の干満の差が大きく、干潟が大きくなるので潮干狩りに適している。
【来歴】
『俳諧寄垣諸抄大成』(元禄8年、1695年)に所出。

*

歩み来ぬ岬のなりに潮干狩 
白雄 「白雄句集」

しほひ狩もみうら既にぬれむとす
大江丸 「はいかい袋」

汐干くれて蟹が裾引くなごりかな
嵐雪 「虚栗」

三月の四日五日も汐干かな 
許六 「正風彦根躰」

ざうり買ふ小家うれしき汐干かな
蕪村 「落日庵句集」

照りつけて海草匂ふ汐干かな
樗良 「題林集」

汐干より今帰りたる隣かな  
正岡子規 「子規句集」

絶壁のほろほろ落つる汐干かな
前田普羅 「普羅句集」

コメントは受け付けていません。