花見(はなみ) 晩春

【子季語】
お花見、花の宴、花巡り、花見客、花見舟、花見酒、花の茶屋、花の酔
【関連季語】
花、桜、桜狩、夜桜、花筵
【解説】
桜の花をめでること。単に花をながめるだけでなく、桜の花の下で行われる宴会も花見という。
【来歴】
『をだまき綱目』(元禄10年、1697年)に所出。

*

みよし野は右往左往の花見かな
貞室 「大和順札」

平樽や手なく生まるる花見酒
西鶴 「大矢数」

骸骨のうへを粧うて花見かな
鬼貫 「鬼貫句選」

草枕まことの花見しても来よ
芭蕉 「茶のさうし」

景清も花見の座には七兵衛
芭蕉 「翁草」

京は九万九千くんじゆの花見哉
芭蕉 「詞林金玉集」

花見にとさす船おそし柳原
芭蕉 「蕉翁句集」

四つごきのそろはぬ花見心哉
芭蕉 「炭俵」

花見にと母につれだつめくら児
其角 「続虚栗」

何事ぞ花見る人の長刀
去来 「曠野」

半ば来て雨に濡れゐる花見かな 
太祇 「太祇句選後篇」

花見戻り丹波の鬼のすだく夜に
蕪村 「蕪村遺稿」

傾城は後の世かけて花見かな
蕪村 「蕪村句集」

恋ゆゑや花見の場の色紙売り
凉菟 「眉山」

たらちねの花見の留守や時計見る
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。