石鹸玉(しゃぼんだま) 三春

syabondama
【子季語】
たまや
【解説】
石鹸水をストローの先につけ、軽く息を吹き込んで泡を膨らませる遊び。すぐに割れることもあれば風に乗って遠くまで飛ぶこともある。春らしいのどかな遊びである。

*

向う家にかがやき入りぬ石鹸玉
芝不器男 「不器男全句集」

うすうすと幾つもあげぬ石鹸玉
原石鼎 「花影」

ふりあふぐ黒きひとみやしやぼんだま
日野草城 「花氷」

石鹸玉の息ゆらゆらと円かさよ
島村元 「島村元句集」

コメントは受け付けていません。