鞦韆(しゅうせん、しうせん) 三春

【子季語】
秋千、ぶらんこ、ふらここ、ふらんど、ゆさわり、半仙戯
【解説】
ぶらんこのこと。上方に渡した棒や梁から二本のロープをたらして台座を吊った遊具。台座に乗り、足を前後させたり伸縮させたりしてこぐと大きく揺れる。寒い間はかえりみられることもないが、暖かくなるにしたがって、子供たちを誘う。
【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。
【文学での言及】
春宵一刻値千金 (しゅんしょういっこくあたいせんきん)
花有清香月有陰 (はなにせいかあり、つきにかげあり)
歌管樓臺聲細細 (かかんのろうだいこえさいさい)
鞦韆院落夜沈沈 (しゅうせんいんらくよるちんちん) 
蘇東坡『春夜』【実証的見解】

*

ふらここの會釋こぼるや高みより
太祇 「太祇句選」

ふらんどや桜の花をもちながら
一茶 「一茶句集」

鞦韆の月に散じぬ同窓會
芝不器男 「芝不器男句集」

鞦韆に腰かけて読む手紙かな
星野立子「立子句集」

コメントは受け付けていません。