涅槃会(ねはんえ、ねはんゑ) 仲春

【子季語】
涅槃、お涅槃、涅槃の日、涅槃忌、仏忌、涅槃像、涅槃絵、寝釈迦、仏の別れ、二月の別れ、去りし仏、鶴の林、涅槃寺、涅槃講、涅槃粥、涅槃変、団子撒き、涅槃図、涅槃仏
【解説】
釈迦が沙羅双樹の下に入滅した日にちなむ法要。旧暦の二月十五日であるが、新暦の二月十五日あるいは三月十五日に執り行われる。各寺院では涅槃図を掲げ、釈迦の最後の説法を収めた「遺教経」を読誦する。参詣者には涅槃だんごなどがふるまわれる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
双林入滅 きさらぎや薪つきにし春を経て残る煙は霞なりけり 円空上人『続拾遺集』
【実証的見解】
涅槃会は、釈迦の誕生にちなむ仏性会、釈迦の悟りにちなむ成道会とともに三大法要として重んじられているもの。当日は涅槃図を掲げて法要を営む。涅槃図は、沙羅双樹のもとに横臥した釈迦のまわりを、弟子や動物が取り囲んだ図で、なかでも京都興福寺の吉山明兆作の涅槃図はその雄大さで知られている。釈迦が入滅した日は実際は定かでないが、『大般涅槃経』の記述にもとづいて二月十五日とされる。

*

神垣やおもひもかけず涅槃像
芭蕉 「曠野」

涅槃会や皺手合する数珠の音
芭蕉 「続猿蓑」

こゝろゆく極彩色や涅槃像
太祇 「太祇句選」

土不蹈ゆたかに涅槃し給へり
川端茅舎 「華厳」

お涅槃や大風鳴りつ素湯の味
渡辺水巴 「水巴句集」

おん顔の三十路人なる寝釈迦かな
中村草田男「長子」

涅槃の日鰻ぬるりと籠の中
飯田龍太「遅速」

大いなる身をはばからず寝釈迦かな
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。