遍路(へんろ) 三春

【子季語】
遍路宿、善根宿、遍路道、遍路笠、遍路杖、四国巡、一国巡、島四国、花遍路
【関連季語】
秋遍路
【解説】
四国遍路のことで、弘法大師が巡錫した四国内の八十八か所の霊場を巡拝する。四月の桜の頃を中心に三月から五月にかけて、白装束で納経箱、金剛杖、数珠、鈴を持ち「同行二人」と書いた笠を被る。
【来歴】
『嬉遊笑覧』(文政13年、1830年)に所出。

*

中二階くだりて炊ぐ遍路かな
芝不器男 「芝不器男句集」

辿りゆく尾越の風の遍路かな
五十崎古郷 「古郷句集」

浜風や遍路の妻のおくれがち
高橋淡路女 (雲母)

はきかへて足袋新しき遍路かな
星野立子「立子句集」 

コメントは受け付けていません。