猫の子(ねこのこ) 晩春

【子季語】
子猫、猫の親、親猫、孕猫、子持猫、猫の産
【関連季語】
猫の恋
【解説】
春に生まれた猫の仔をいう。生まれたばかりの仔猫の愛らしさは無類である。これから味わうであろう世の荒波を思えば哀れでもある。

*

猫の子や秤にかかりつつじやれる
一茶 「おらが春」

猫の子のくんずほぐれつ胡蝶かな
其角 「五元集」

捨仔猫地に手をついてもうこれまで
中村草田男 「時機」

百代の過客しんがりに猫の子も
加藤楸邨「雪起し」

さまざまな恋の果なる子猫かな
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。