亀鳴く(かめなく) 三春

【子季語】
亀の看経
【解説】
春ののどかな昼、あるいは朧の夜に亀の鳴く声が聞こえるような気がする。亀は実際には鳴かないが、俳句の季語として親しまれている。『夫木和歌集』にある藤原為家の「川越のをちの田中の夕闇に何ぞと聞けば亀のなくなり」が典拠とされている。
【来歴】
『俳諧歳時記』(享和3年、1803年)に所出。

*

亀鳴くと嘘をつきなる俳人よ
村上鬼城  「鬼城句集」

亀鳴くや月暈を着て沼の上
村上鬼城  「鬼城句集」

コメントは受け付けていません。