鶯(うぐいす、うぐひす) 三春


【子季語】
黄鶯、匂鳥、歌よみ鳥、経よみ鳥、花見鳥、春告鳥、初音、鶯の谷渡り、流鶯、人来鳥
【関連季語】
笹鳴、老鶯
【解説】
鶯は、春を告げる鳥。古くからその声を愛で、夏の時鳥、秋の雁同様その初音がもてはやされた。梅の花の蜜を吸いにくるので、むかしから「梅に鶯」といわれ、梅につきものの鳥とされてきた。最初はおぼつかない鳴き声も、春が長けるにしたがって美しくなり、夏鶯となるころには、けたたましいほどの鳴き声になる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
鶯の谷より出づる声なくは春来ることをたれかしらまし 大江千里『古今集』
【実証的見解】
鶯はスズメ目ウグイス科ウグイス属の留鳥で、日本各地の山地の明るい笹薮などに生息する。体長十五センチくらいで、雀ほど。背がみどりがかった茶褐色で、腹はやや白っぽい。食性は雑食で、春から夏に虫を捕食し、秋や冬には木の実や植物の種子などを食べる。時鳥の托卵の対象となる。

*

鶯や柳のうしろ藪の前 
芭蕉 「続猿蓑」

鶯や餅に糞する縁のさき
芭蕉 「葛の松原」

鶯を魂にねむるか矯柳(たうやなぎ)
芭蕉 「虚栗」

鶯の声や竹よりこぼれ出る
才磨 「塵の香」

鶯や下駄の歯につく小田の土
凡兆 「猿蓑」

鶯の声遠き日も暮にけり
蕪村 「蕪村句集」

鶯の啼やちいさき口明て
蕪村 「蕪村句集」

どこでやらで鶯なきぬ昼の月
士朗 「枇杷園句集」

鶯の静かに啼くや朝の雨
成美 「いかにいかに」

鶯や朝寝を起す人もなし
正岡子規 「寒山落木」

鶯のけはひ興りて鳴きにけり
中村草田男 「長子」

鶯や一つ大きく明らかに
長谷川櫂 「富士」

コメントは受け付けていません。