燕(つばめ) 仲春


【子季語】 乙鳥、乙鳥(おつどり)、玄鳥、つばくら、つばつくめ、つばくろ、飛燕、濡燕、川燕、黒燕、群燕、諸燕、夕燕 燕来る、初燕

【関連季語】 夏燕、燕帰る、燕の子

【解説】 燕は春半ば、南方から渡ってきて、人家の軒などに巣を作り雛を育てる。初燕をみれば春たけなわも近い。

【来歴】 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

【文学での言及】 燕来る時になりぬと雁がねは国思ひつつ雲隠り鳴く 大伴家持『万葉集』

【実証的見解】 ツバメはスズメ目ツバメ科の夏鳥で、日本には二月下旬から五月にかけて渡ってくる。雀よりやや大きい。背は黒く腹は白い。喉と額が赤く、尾に長い切れ込みがある。翼が大きくよく飛ぶが、脚は短く歩行に不向きで、地面に降りることはめったにない。食性は肉食で、空中にいる昆虫などを捕食する。人が住むところで営巣する傾向がある。これは、天敵である鴉などが近寄りにくいからだとされる。

*

盃に泥な落しそむら燕
芭蕉 「笈日記」

蔵並ぶ裏は燕の通ひ道
凡兆 「猿蓑」

夕燕我にはあすのあてはなき
一茶 「文化句帖」

海づらの虹をけしたる燕かな
其角 「続虚栗」

大和路の宮もわら屋もつばめかな
蕪村 「蕪村句集」

大津絵に糞落しゆく燕かな
蕪村 「蕪村句集」

つばくらや水田の風に吹れ皃(がほ)
蕪村 「蕪村句集」

燕啼て夜蛇をうつ小家哉
蕪村 「蕪村句集」

滝に乙鳥突き当らんとしては返る
夏目漱石 「漱石全集」

初燕見てよき駅や旅こごろ
河東碧梧桐 「新傾向句集」

船宿の朝行燈や初乙鳥
井上井月 「井月句集」

乙鳥や小路名多き京の町
井上井月 「井月句集」

春すでに高嶺未婚のつばくらめ
飯田龍太「百戸の谿」

初燕木々また朝をよろこべり
飯田龍太「遅速」

海岸にさびれしホテル初燕
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。