雁帰る(かりかえる、かりかへる) 仲春

【子季語】
帰る雁、帰雁、行く雁、去ぬる雁、雁の名残、雁の別れ、いまはの雁
【関連季語】

【解説】
日本で冬を越した雁が北方へ帰ること。雁は、秋にシベリアなどの寒地から日本に渡ってきて越冬し、春また北方へ帰る。帰雁ともいう。春になると、日本で越冬したさまざまな冬鳥が北方へ帰ってゆくが、雁はなかでも哀れ深いものとして和歌などの詠まれてきた。「雁の名残」「雁の別れ」などの【子季語】に、その思いがこめられている。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
春霞立つを見捨てて行く雁は花なき里に住みやならへる 伊勢『古今集』

*

雨だれや暁がたに帰る雁 
鬼貫 「婦多津物」

巡礼と打ちまじり行く帰雁かな 
嵐雪 「己が光」

雁行て門田も遠くおもはるゝ 
蕪村 「自筆句帳」

歸る雁田ごとの月の曇る夜に
蕪村 「蕪村句集」

きのふ去ニけふいに鴈のなき夜哉?
蕪村 「蕪村句集」

風呂の戸をあけて雁見る名残りかな 
几董  「井華集」

雨夜の雁啼き重なりてかへるなり
暁台 「暁台句集」

かりがねのあまりに高く帰るなり
前田普羅 「定本普羅句集」

美しき帰雁の空も束の間に
星野立子 「立子句集」

コメントは受け付けていません。