引鴨(ひきがも) 初春

【子季語】
鴨帰る、帰る鴨、行く鴨
【関連季語】
鴨、残る鴨
【解説】
日本で冬を越した鴨が北方へ帰ること。鴨は、秋にシベリアなどの寒地から日本に渡ってきてそのまま越冬し、春また北方へ帰る。日本にとどまるものもある。
【来歴】
『滑稽雑談』(正徳3年、1713年)に所出。

*

引鴨や朝和つづく舟のみち
胡準 「はたけせり」

コメントは受け付けていません。