鳥雲に入る(とりくもにいる) 仲春

【子季語】
雲に入る鳥、鳥雲に
【関連季語】
鳥帰る
【解説】
春に北方に帰る渡り鳥が、雲間はるかに見えなくなること。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【文学での言及】
心なき花こそ根にも帰るとも鳥さへなどか雲にいりけむ 前大納言資名『新後拾遺集』

*

雲に鳥人間海に遊ぶ日ぞ
一茶 「寛政句帖」

鳥雲に入りて松見る渚かな
白雄 「白雄句集」

朝たつや鳥見かへれば雲に入
浪化 「白扇集」

鳥雲に入る熊谷の堤かな
士郎 「枇杷園句集」

少年の見遣(みや)るは少女鳥雲に
中村草田男 「万緑」

鳥雲に身は老眼の読書生
松本たかし 「松本たかし句集」

鳥雲に隠岐の駄菓子のなつかしき
加藤楸邨「雪後の天」

口つぐみ飛ぶものをみよ鳥雲に
森澄雄 「游方」
 

コメントは受け付けていません。