囀(さえずり、さへづり) 三春

【子季語】
囀る、鳥囀る
【関連季語】
鳥交る
【解説】
春、鳥たちは繁殖期を迎え、恋の歌をうたう。これが囀。鳥の鳴声は四季を通して聞くことができるが、季語としての「囀り」は春の求愛の鳴声のこと。
【来歴】
『世話盡』(明暦2年、1656年)に所出。

*

囀りに鳥は出はてて残る雪 
北枝 「しるしの竿」

囀もかへりがけなる小鳥かな  
浪化 「浪化上人発句集」

囀るや蔵も障子も木々の影 
淡々 「淡々句集」

囀や籠からも雲をさし覗き  
蝶夢 「草根発句集」

泥の裾かヽげ歩くに囀れり 
古泉 「倦鳥」

森うしろ染めて暮るるに囀れる  
大須賀乙字 「炬火」

囀やあはれなるほど喉ふくれ
原石鼎 「花影」

囀やピアノの上の薄埃 
島村元 「ホトトギス雑詠選集」

紺青の乗鞍の上に囀れり  
前田普羅 「春寒浅間山」

囀の甘えたりしが後と静か
川端茅舎 「華厳」

囀をこぼさじと抱く大樹かな
星野立子「鎌倉」

方丈の軒をこぼれてさへづれり
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。