白魚(しらうお、しらうを) 初春

【子季語】
しらお、しろお、王余魚、銀魚、白魚網、白魚舟、白魚汲む、白魚火
【解説】
春の訪れを告げる小魚。生のうちは半透明だが、蒸したり煮たりすると真っ白になるので白魚という。近海魚で、春先に産卵のため川へ上がるところをとらえる。おどり食いにする素魚(しろうお)は、ハゼ科の別種。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【文学での言及】
月も朧に白魚の篝も霞む春の宵 河竹黙阿弥の歌舞伎「三人吉三郭初買」
【実証的見解】
白魚は、シラウオ科の魚の総称で、北海道から九州の沿岸域、河口付近、汽水域に棲息する。大きさは十センチ前後になるが雌のほうがやや大きい。二月から五月にかけて川に上り産卵し、産卵後は死んでしまう。

*

白魚やさながら動く水の色
来山 「きさらぎ」

白魚や目までしら魚目は黒魚
鬼貫 「大悟物狂」

藻にすだく白魚や取らば消えぬべき
芭蕉 「東日記」

曙や白魚白きこと一寸
芭蕉 「野ざらし紀行」

白魚や黒き目を明ク法(のり)の網
芭蕉 「韻塞」

白魚をふるひ寄せたる四つ手かな
其角 「続猿蓑」

美しや春は白魚かいわり菜
白雄 「白雄句集」

しらうをに有明月のうるみかな
大江丸 「俳懺悔」

白魚の小さき顔をもてりけり
原石鼎 「花影」

目にみえぬ炎にかざす白魚かな
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。