乗込鮒(のっこみぶな) 晩春

【解説】
鮒は、春になって水温が上がってくると、産卵のため小川や水田に群れをなして勢いよく乗り込んでくる。その勢いのいい鮒を「乗込鮒」という。

コメントは受け付けていません。