蜆(しじみ) 三春

【子季語】
蜆貝、大蜆、大和蜆、瀬田蜆、蜆売、蜆川
【関連季語】
寒蜆、土用蜆、蜆汁
【解説】
湖や河口の砂底に生息する二枚貝。一年を通して採れるが四月~五月ごろがもっともおいしい。味噌汁や炊きこみご飯、佃煮などにする。
【来歴】
『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
【文学での言及】
【実証的見解】
蜆は、シジミ科 に属する二枚貝の総称である。日本各地の淡水域や汽水域に生息する。二センチから四センチくらいの扇形で、つややかな黒褐色。琵琶湖やその下流域で採れるセタシジミは春、宍道湖などで採れるヤマトシジミは夏が旬とされる。

*

むき蜆石山の桜ちりにけり
蕪村 「蕪村遺稿」

鳩の藪雀の垣やから蜆
一茶 「七番日記」

蜆売りしばらく仰ぐ大手門
飯田龍太「春の道」

半椀はお茶漬にせん蜆飯
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。