遅桜(おそざくら) 晩春

【解説】
花時に遅れて咲く桜のこと。八重桜も遅く咲くが八重桜とは限らない。遅咲きの桜すべてをさす。行春を惜しむ思いが重なる。
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】

*

遅桜験なる聖住みおはす 
召波 「春泥発句集」

ほつかりと咲きしづまりぬおそ桜
暁台 「暁台発句集」

旅人や鐘に石打つ遅ざくら
紫暁 「松のそなた」

山姥の遊びのこして遅桜
蕪村 「落日庵」

コメントは受け付けていません。